ぶつぶつ・つぶやき・毎日のこと。

nyanuri.exblog.jp

毎日のことやいろいろなこと

ブログトップ

ダンナ君流 リゾートライフ

ハワイネタの更新が遅れています
って、、あまり更新できるような内容がないってこともあるんですが。
今回もダンナ君の投稿(笑)です


e0120294_23184451.jpg


■My流 マウイリゾートライフ


タイムシェアのこと
マウイにタイムシェアを所有している。カアナパリにできた「ウェスティン・オーシャン・リゾート・ヴィラ」である。購入を検討していた頃は1ベッドルームのはずが、知らぬ間に2ベッドルームにグレードアップしていた。身分不相応ではないか?とも思う。二人で一部屋ずつ利用するわけでもなし。だが、分割して利用すると2週間の滞在(1ベッドルームとスタジオルームを1週間ずつ)が可能となる。とは言え、そんなに長く休めるわけはなくなかなか使いこなしていないのが現状だ。

購入してから初めて利用したのが2005年。いつもの感覚で7月頃に予約を入れようとしたら、9月は希望のスケジュールではふさがってとれなかった。仕方なく10月にマウイ1週間の夏休みとなる。あと1週間はそのうちにといいながら、結局行けずに権利消滅!
翌年はこの反省をふまえ、ちょっと早め(6月)に行動開始。だがこれでもけっして早くはなく、「予約で埋まってしまいますよ」とせかされ、とにかく空いている日程で9月の旅行を決める。また、前年に権利を行使できなかった経験からその前にスタジオルーム分をホテルポイントに交換しておいた。タイムシェアの利用はポイント制で、利用しない年は前もってホテルポイントに移行することによって、スターウッド系列ホテルに宿泊できるのである。以来、ホノルルのホテルはだいたいこれを利用することにしている。

昨年はさらに利用のコツがわかってきた。空いていれば1ベッドルームをポイントで泊まれるだけ利用もできるとわかり、5月に4泊と9月に1週間利用しみごとにほぼ消化とあいなった。そして今年は早々と(実は早くなく交換期限ぎりぎりの3月に)スタジオルーム分をホテルポイントに交換、あわせて9月の予約をした。予約手続きはマイアミにあるスターウッド日本語デスクとメール・国際電話で行う。夜中から早朝にかけてコンタクトをとるのだが、日本語で対応してくれから手続きはスムーズである。これでも予約時期は遅いようである。オーナーは1年前から予約でき、「来年はもっと早く連絡いただければご希望の日程で優先的に手配できますよ」と言われてしまった。ホノルル滞在は、利用ポイントが多く必要になっていたモアナサーフをやめてシェラトン・プリンセスカイウラニに。行ってみてその差を歴然と感じたが、このコメントはブログのオーナーにゆだねたい。

そりゃ、マウイのあの広い部屋と比べてはオアフのどのホテルに行っても
はぁー。これが現実ね。って思わずにはいられない。
それでもWホノルルやモアナサーフだったらまだ余韻は少しひっぱれるけどね。
今回は一気に現実へ。
ただ立地はよいし、私たちにはこのホテルでも高級かも、、、
分かっちゃいるけど。ついつい贅沢になってしまうのは、、、仕方ないかなぁー。


e0120294_231814100.jpg

リゾートでの過ごし方
タイムシェアはホテルと違い、毎日のハウスキーピングはない。特別に必要な場合は有料でリクエストできるシステムだが、それを利用する人はいないようだ。
一度、フルクリーニングをオーダーすべく電話したが、
「あなたの部屋はこういうスケジュールでクリーニングが入るのに、何故エクストラが必要なの?」
と説得させられてしまった。ということで、1週間滞在すると、中日にフルクリーニングが入るスタイルで利用している。タオルは予備があるので、ここで使い切り予備も含めて交換と部屋の掃除をしてくれる(ベッドメイキングやごみ捨ても)ので確かにこと足りる。
毎日出るゴミは部屋の前に決められた時間に出しておけばピックアップしてくれるのだが、マイペースの我々にはそれができない。
で、自分でゴミ箱に捨てに行く(だがそういう人は多く、ゴミ箱はすぐいっぱいになる)。リサイクル専用のゴミ箱もあるのは感心感心。また、毎回の使用料金は年間維持費でまかなわれるためかからない。ちなみに、1ベッドルームの年間維持費が高級コンドミニアムに1週間滞在した場合の宿泊費とほぼ同額。タイムシェアは、利用する際に法で決められた州税を支払うが、1日5ドル弱である。レストランで食事やビーチ用品をレンタルしなければ、お財布はいらないことになる。リゾートに経費を落とさない、自炊主体のうり家はどうも優良顧客ではなさそうだ。

1週間いて真ん中の日だけお掃除が入る
これはかなりお気楽です
ベッドサイドに置くチップも毎日気にしなくていいしい
何より、基本的には私たち以外は誰も部屋に入る人はいないってことですよね
このお気楽さは危険も含んでいるんです
つい用心することを忘れてしまいます
そして、そのお気楽なままオアフのホテルへチェックイン
そうなんです
それで去年、財布なくなりました
ダメだよねー
どっかのというかあらゆるネジがゆるんでしまったのです


チェックインするとまずやることを紹介しよう。
奥さんは昼寝。

すいませんねー!いつも

その間にスーツケースからキッチンで使うものをすべて出し、冷蔵庫に入れるものと引き出しにしまうもの、カウンターなどに置いて頻繁に使う塩・こしょうなどをわけてしまう。
次に持ってきた本類の整理。
これが終わるとあとは衣類だけ(こちらは奥さんまかせ)になり、スーツケースはほぼからっぽ。最後に炊飯器のオーダー。これも事前に頼んでおいたことがあるが、なかなか持ってこない。今年はベルボーイにチップをはずみ、「炊飯器はどうしたらいいの?」と聞いたら、「俺がすぐに持ってくるから」と話が早かった。

でも、持ってきたのはベルボーイじゃなかった。ハウスキーピングの人だった。
あのベルボーイが言ってくれたのは確かだけど、、炊飯器持ってきてくれたハウスキーピングの人にはチップは??なんて混乱しているうちに帰ってしまった。チップも渡してないよ!


一段落すると、セールススタッフから電話がかかってくる。「何かお役に立てることはありますか?」と聞かれるのだが、特にないですでおしまい。
不在だとヴォイスメールが届く。昨年からこれが多くなり、レストランが待ってますよとか割引がありますとかいろいろ言ってくるのだが、「いいから」って感じかな。
また、このところ、オーダーしたコナコーヒーを日本ではなく宿泊先に送ってもらう術を覚えた。こなぴーさんには毎回お世話になり、ここにお礼の一言を記す。荷物が届くとフロントから「レターが届いています」コールが入る。ちょっとした小包なのだが、レターとは不思議だねと奥さんと話している。

さて、これでぐうたらマウイリゾートライフの準備万端である。整理した本を順番に読破し、食材を順次片付け(腹に入れ)、プール・ビーチと部屋の往復で1日が終わる。そしてまた翌日。何をしに来たかって?何もしないをしに来たのである。
おかげで、アリナミンAのコマーシャルではないが、ビーチチェアに座ったまま同じ姿勢で読書し続け背中の筋肉が「固まった」!

帰国後、いつも行くカイロプラクティクスの先生に何をやったんですが?
体固まっていますよって言われたそうです。
言えないよねー。ビーチでずーっとおんなじ姿勢で本を読んでいましたなんて(笑)

[PR]
by nyanuri | 2008-11-03 23:22 | ハワイ